<デリヘル情報>あなたがデリヘルに求めていることは

あなたの希望を伝えるとき、やさしく女性に伝えてあげるようにしましょう。
命令口調で希望を伝えるのは、SM専門のデリヘルだけなのです。
出張や旅行などに行って、宿泊しているホテルにデリヘルを呼んだことのある男性も多いでしょう。
最近ではインターネットで簡単に予約をすることが出来るので利用者が増えてきているのです。
デリヘルの女性に対しては、自分の希望をはっきり伝えるということも、満足するプレイをするために大切な事です。
お客様がどうしてほしいのか把握をしないと、女性は何をしたら良いのかわからないのです。
デリヘルで遊ぶ時には、女性に攻めてもらうのも一つの楽しみ方となっています。
あなたが希望しているプレイを伝えることで、女性は積極的にしてくれることとなります。

 



<デリヘル情報>あなたがデリヘルに求めていることはブログ:21-2-2019

みなさまは、お子様の頃
何になりたかったですか?

俺は、物心ついたときから電車が大好きでした。
だから、一番最初になりたかったのは電車の運転手です。

当時、私鉄の沿線に住んでいたので、
俺は、電車を見るのも乗るのも大好きでした。

電車の運転手さんの後ろに立って、
まるで自分が電車を運転しているような気になって…
それだけで幸せでした。

ターミナル駅から出発したり、到着したりする電車を
1日中眺めては、
親父や母親を困らせていたようです。

でも、本当にそれだけで幸せだったんですね。

次になりたかったのは、プロ野球選手でした。
もともとトレーニングが好きだった俺は、
兄のグローブを使って一人でボール遊びをしていました。

しかし、兄のグローブなので、
兄の眼を盗んでグローブを使っている俺を見るに見かねて、
親父が俺の誕生日にグローブを買ってくれました。

本当にうれしくって、大事に使ってました。

近所の友達たちと連日のように
キャッチボールや野球をして遊んでいました。
本当に、日が暮れてボールが見えなくなるまで野球をしていました。

それでも、飽きるどころか夜行性の虫のように、
俺達は電灯の明かりに群がってボールを投げていました。

プロ野球選手の真似ごとをしては、
その選手になりきっていました…それだけで、本当に幸せでした。

野球が好きだから、いろんなことを試したくなります。
野球のいろんなことに、興味が出てきます。

失敗すると、なぜ失敗したかを考える…
俺はそれくらいのめり込んでいました。

考えてみればお子様の頃って、
できないことなんて、何もないと思っていましたし、
なれないものなんて、何もないと信じていたんですよね。