レッツゴー♪今日もデリヘル遊び

レッツゴー♪今日もデリヘル遊び

「レッツゴー♪今日もデリヘル遊び」へご訪問いただき誠にありがとうございます。
全ての男性のためにデリヘルについての情報をご案内させていただいております。

 

デリヘルを利用する際に気を付けなければいけないことがあり、それは優良業者を選ぶということです。
もし悪質業者の餌食になってしまうと、最悪のケースで摘発されてしまうこともあるので注意が必要です。
もしこれまでに一度もデリヘルを利用したことが無いのでしたら、デリヘルに関する掲示板などをチェックすると良いでしょう。
実際に体験したデリヘル体験談などが公開されているのできっと役立つことでしょう。

 

一般的なデリヘルというのは、素股や口を使ってフィニッシュとなり本番行為をすることは出来ません。
むしろ本番行為をすることの出来るデリヘルは違法行為なので絶対に利用をしないようにしてください。

 
風俗
http://www.asoviva.jp/
風俗ナビ




レッツゴー♪今日もデリヘル遊びブログ:27-5-2018
小さい頃、
おいらは父親に対して不満がありました。

おいらは、父親に誉めてもらった記憶がないのです。

父親の言葉で覚えているのは、
「好きにしたらえぇ」「お前やったら大丈夫や」くらいのものです。

おいらにはそれが父親から見放されているような感じがして、
一人ぼっちで心細く、寂しくて惨めな気持ちを感じ、
「誉めてほしい」「教えてほしい」「支えてほしい」といった思いが
満たされることはありませんでした。

そして、
「父親はおいらのことがあんまり好きじゃないんだ、
だから晩も日曜日も家にいないんだ」
「父親が誉めてくれないのは、おいらがダメだからなんだ」
と感じていました。

大人になった今では、
それが真実ではないことを頭で理解することができますが、
それでも、
心では「愛されていたんだ」と感じて納得するまでには
至っていませんでした。

ところが、
すごく重大なことに気づいたのです。

誉められたことがなかったかもしれないけど、
否定されたこともなかったのです。

結構な放蕩ムスコであると自覚があるくらいですから、
父親にとって、眉をひそめるようなことが何回もあったことでしょう。
意見したかったこともたくさんあったでしょう。

にもかかわらず、
一度もないと断言してもいいくらい、
否定されたことがないのです。

父親がおいらに言うのは、
「好きにしたらえぇ」だけ。

「否定されていなかった」
それは、
「おいらを傷つけた」「おいらに寂しい思いをさせた」
「おいらに自信がないのは父親のせいだ」
「おいらの求める父親ではない」と、
心の中で何百回何千回とさんざん父親のことを否定し、
責め続けてきたおいらにとって、
雷に撃たれるくらいの大きな衝撃でした。

「否定しない」
それが、父親の愛だったのです。


 
レッツゴー♪今日もデリヘル遊び モバイルはこちら